無関心.com TOP  >  スポンサー広告 >  コンピュータ >  Windows7スタートアップタスクスケジューラ作成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Windows7スタートアップタスクスケジューラ作成

Windows7にしてからスタートアップにあるEverythingの起動にUACがいつもひっかかるから鬱陶しいと思っていたので、タスクスケジューラに変更する。あと、そのままだとEverythingが起動するときにウィンドウが出てしまうので、パラメータを指定して最小化して起動する。


Everythingの設定
Everything オプション - 全般【システム起動時にEverythingを起動する】のチェックをはずす









タスクスケジューラを起動し、タスクの作成を選択する。

全般タブ
タスクの作成 1 全般名前:適当にわかりやすい名前

【最上位の特権で実行するにチェックを入れる

構成:【Windows7,Windows Server 2008 R2】を選択する





トリガータブ
タスクの作成 2 トリガーa新規を押す









タスクの作成 3 トリガーbタスクの開始:【ログオン時】を選択する

設定:任意のユーザーを選択する









操作タブ
タスクの作成 4 操作a新規を押す









タスクの作成 5 操作b参照でEverythingを指定する

引数の追加:【-startup】を設定する













条件タブ
タスクの作成 6 条件一応、【コンピューターをAC・・・開始する】のチェックをはずす









設定タブ
タスクの作成 7 設定【タスクを指定するまでの時間】のチェックをはずす











スポンサーサイト
[ 2013/11/07 20:00 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。